読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コマンドプロンプトでUNIXコマンドを使う。【Gow】

コマンドプロンプトUNIXコマンドを使えるようにする方法

ls, mv, cat, tail, grepなど100種類のコマンドに対応する、Gowというツールを導入します。
同様なツールでCygwinがありますが、より手軽で軽量です。

[導入手順]

1. exeを任意の場所に配置して、すべて「はい」でインストールする。
https://github.com/bmatzelle/gow/releases/download/v0.8.0/Gow-0.8.0.exe

2. ユーザの環境変数を追加する。
f:id:hatehate_masaki:20170113023926p:plain

3. 設定ファイル配置
C:/Users/xxxx/gow配下に以下のファイルを作成して配置して下さい。

.bashrc

###
export PS1='\h:\w\$ '
export LC_CTYPE=ja_JP.UTF-8
export EDITOR=vi
alias vi='vim'
alias ls='ls -F'
alias ll='ls -laF'
alias ls='ls --show-control-chars'
###


.inputrc

###
set convert-meta off
set meta-flag on
set output-meta on
set mark-directories off
###


.vimrc

###
set fileencodings=guess,utf-8,iso-2022-jp-3,euc-jisx0213,euc-jp,ucs-bom
set fileencoding=utf-8
set fileformats=dos,unix,mac
set fileformat=unix
set shell=bash
###



[使い方]

1. コマンドプロンプトを実行する

2. bash [Enterキー]

3.UNIXコマンドが使えるようになる。shファイルはbash aaa.shで実行する。

こんな感じです。
f:id:hatehate_masaki:20170113030448p:plain


※以下、使用可能コマンド一覧
############
awk, basename, bash, bc, bison, bunzip2, bzip2, bzip2recover, cat,
chgrp, chmod, chown, chroot, cksum, clear, cp, csplit, curl, cut, dc,
dd, df, diff, diff3, dirname, dos2unix, du, egrep, env, expand, expr,
factor, fgrep, flex, fmt, fold, gawk, gfind, gow, grep, gsar, gsort,
gzip, head, hostid, hostname, id, indent, install, join, jwhois, less,
lesskey, ln, ls, m4, make, md5sum, mkdir, mkfifo, mknod, mv, nano,
ncftp, nl, od, pageant, paste, patch, pathchk, plink, pr, printenv,
printf, pscp, psftp, putty, puttygen, pwd, rm, rmdir, scp, sdiff, sed,
seq, sftp, sha1sum, shar, sleep, split, ssh, su, sum, sync, tac, tail,
tar, tee, test, touch, tr, uname, unexpand, uniq, unix2dos, unlink,
unrar, unshar, uudecode, uuencode, vim, wc, wget, whereis, which,
whoami, xargs, yes, zip
############



以上。